ラマダン明けた☆今日だけ私はムスリム

アッサラーマ アライコン!エド ムバラク!

a0062335_15583083.jpg10月11日ラマダンが明けました。
約30日間の断食から開放された今日(12日)、
イスラムな人々は朝から浮き足立っております。
メシじゃ~肉じゃ~お祈りじゃ~モスクじゃ~
よしっ!
せっかくだから、この波に乗らなくてわ!!

ムスリムの布を巻き、ムスリム服に身を包み、
朝から家族と共に、町で1番大きなモスクへと。
着いた頃には、もうもの凄いヒト。ヒト。ヒト。

a0062335_160943.gifはい、
メッカに向かって、起立!着席!一同礼!!

お祈りの後は、各家でお食事タイ~~ム☆
クリスチャンのイースター明けも
色んなとこへ廻ったけれども……今回も、
結局、計3件のお宅で昼飯を頂いてきました。

で、家に帰ったら食事が用意されていて…。
もぉ~~食えん!もぉ~食えんよぉ~~!!
…えっ!?なぜって??

だって、オレは断食してませんから凸( ̄∀ ̄;)!!!
[PR]
# by minminmix | 2007-10-12 15:21 | Life@生活話

やっぱ田舎が1番ですわ☆コーヒー農園見学

a0062335_4325550.jpga0062335_4334837.jpg








コーヒープロセッシングセンターのマネジャーの
『コーヒー農園を見たらいい、今が1番いいシーズンだ!』
『行くならイルガチャフェが1番いい!!』

この一言で、イルガチャフェに行くことになりました。
せっかくエチオピアにいるんだから見とかないとね。

行ってみたらイルガチャフェは、ホントに素敵な町でした。
エチオピアの田舎町って感じの、人懐っこさと人情味あふれる町。
そうっ これ、これが日本にかけてるもんなの!
たまたま同じバスに乗り合わせたコーヒー農園のお父さんが
着いた翌日に農園を親切に案内してくれた。
コーヒー農園はもちろん素晴らしかった。
もう迷子になってしまいそうな広大な土地に、
林や森のようにコーヒーの木が植えられて、
赤いコーヒーの実が枝からこぼれんばかりになっていた。

もちろんコーヒー農園は素晴らしかった。
でも、そんなことよりも。。
自分はこの町の、人、空気、雰囲気がドンピシャで惚れた☆
これっこれっ これがエチオピアの素敵なところの1つだよ~
ヒトとヒトのつながり。 『ヒトとのつながり』、
これがオレのエチオピアの好きなところの1つ。
首都から行ったからかね~!?久しぶりにホッとして、癒されたよ。
[PR]
# by minminmix | 2007-09-21 04:21 | Coffee@珈琲話

コーヒーが日本に来るまで

エチオピア全土から各地のコーヒーが、
まずアディスアベバとデルダワの2箇所にある
コーヒー流通センター(CoffeeProcessing&Warehouse)に集まります。
コーヒーはちょっと有名なエチオピア、これは見学しとかねば!
今回、アディスアベバの流通センターに見学に行きました。

そこで今回のブログは、
エチオピアのコーヒーが審査されて
セリ落とされるまでのプロセスをちょっとまとめてみました。

a0062335_011386.jpgトラックから降ろされたコーヒーはまず検査に回されます。
どの地域からどのくらい運ばれてきたか、
セリ落ち済みのものは、どこへ運ばれるかなど、検査登録していきます。


a0062335_064621.jpg検査に出されたコーヒーを300グラムとりだし
ここでランク(Grade)づけの為の審査をしていきます。
まずは含まれている水分の検査、12%以上だと出荷はできません。


a0062335_075723.jpg生豆としての審査で40%、テイスティングの審査で60%で
最終ランクをつけます。
右の写真は生豆の審査。無作為に取った300グラムの中で
いくつの豆が潰れていたり不良なものかカウントします。

a0062335_091378.jpgテイスティングの審査では、同じ豆から8杯コーヒーを入れ
それを1つずつ啜っていき、
酸味やこく、匂いなんかで評価していきます。


a0062335_0101527.jpgこーして各コーヒーにグレードが付けられていくわけです。
グレードが付けられたコーヒーたちはセリ会場に、ずらーっと並べられ、
コーヒーブローカーによって競り落とされていきます。


a0062335_0122949.jpgこのセリ会場、ブローカーが右側に座り、農園の関係者が左側に座り、
農園側が納得いく額に達したら合図を送って、競り落とされる仕組み。
グレードの低いコーヒーはバシバシ安い値段で落とされてました。


a0062335_0335948.jpgセリ落ちた豆はさっそく生成され、袋づめにされて、
トラックへと積み込まれていきます。
ここで凄かったのが不良の豆を手作業で
ピックアップしていくおばちゃんたち
ズラーーっと並んで黙々と豆の選別をしている作業姿は圧巻でした!

a0062335_011492.jpg・・・ちなみに、検査室にあった豆に日本へと送られるものがあった。紙には『Sid 4 Japan』。シダモ地域で取れたGrade4。

サン○リーのB○ssのエチオピアコーヒーがシダモの豆を使ってるって聞いた。

もしや・・・これか!?


グレードのレンジは総合の審査点が、
80-100がGrade1、63-80がGrade2、50-65がGrade3、
31-49がGrade4、15-30がGrade5。

シダモのGrade4・・・・31-49。 もしや・・・これか!?

このセンターのマネジャーが日本びいきな方で、
職員の人に1日しっかり案内してくれました。
こんなしっかりさはゴンダールのダッシェンビール工場以来だぁー。

こーしてエチオピアコーヒーは日本へと送られていくわけだね。
[PR]
# by minminmix | 2007-09-19 23:58 | Coffee@珈琲話

アベブゥゥゥッ

a0062335_1502537.jpg








アベベ ベキラって知ってますか??
その昔、ローマオリンピックと東京オリンピックの
マラソンで金メダルを取った人物です。
当時は『はだしのアベバ』なんて言われて有名だったらしい。

エチオピアでは英雄でマラソンの話なんかしてると、
必ず名前が挙がってくる人物の1人です。
そんな英雄のお墓にことのついでに行ってみました。

そしたら・・・過去の栄光はどこへやら、
行ってみたら彼のお墓は草がボウボウに生い茂り、
お墓の上に建つ彼の石造は・・・みごとに足がモゲ(* ̄▽ ̄)

草むらに倒れこむアベベベキラは、
この末路を予知していたかのように苦痛で顔をゆがめ、
その腕は驚きを表現したみたいに固まっていた。。。

かつての英雄もこの国から見たら、結局こんなもんだ。
アベブゥゥゥ~~ッ( ̄∀ ̄;)カワイソー
[PR]
# by minminmix | 2007-09-19 14:21 | Life@生活話

夜もミレニアム☆Millennium Night Fever

a0062335_16271432.jpga0062335_16282792.jpg








さて皆さま、年越し・お正月いかがお過ごしでしたか??
はっ!?って??エチオピアは今が1月↓参照。
私の年越しは、結局アディスアベバでした。
地元で年越しをしたかったのも山々だったけど、
帰国の手続きとかも長引いて首都でカウントダウン。
こーなったら楽しまんと。
かねてから噂だった、ビヨンセの来エチはデマでしたが。
年越し野外ライブで年越ししました。
アホみたいに盛り上がるエチオピア人と共に
花火と眩いばかりの電飾、
楽しい年越しを過ごしました。
[PR]
# by minminmix | 2007-09-13 16:21 | Life@生活話

Happy Ethiopian Millennium

新年が明けた。エチオピアは2000年になった。
世界一般から7年遅れの国を挙げてのミレニアム騒ぎ。

7年じゃまだまだきかないくらい、世界からは出遅れているけど
そこがまたエチオピアの魅力でもあって
この時、この瞬間に、
エチオピアにいられた事を幸せに、幸せに感じています。

これから発展していってほしいという気持ちもあると共に・・
変わらないでほしいという気持ちも、強い。

ウンコワン アダラサッチュ!
マルカーム アディス アメット!

マルカーム エチオピアン ミレニアム!!
a0062335_13593226.jpg

[PR]
# by minminmix | 2007-09-12 19:21 | Life@生活話

マザーテレサの家で音楽祭

a0062335_19364091.jpg先輩隊員が始めたマザーテレサでの音楽祭も
半年に1度のペースで行われて、今回で3回目。

今までの2回は見学者として見ていましたが。
今回が最後ってこともあって、
音楽祭に参加しました。

曲目はTHE BOOMの『風になりたい』。
いますぐ~風にぃ~~風にぃ~なり~たい♪
[PR]
# by minminmix | 2007-08-11 19:21 | Life@生活話