<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世界遺産:ハラル

a0062335_165044.jpga0062335_167585.jpg








さてまだまたフラフラしてます。
学期休みと隊員総会を絡めた1ヶ月の休暇で、またヒッピー的旅生活中です。
昨年、新たに世界遺産に登録されたイスラム教徒の町ハラルに来ました。
城壁に囲まれた城下町的な雰囲気の素敵な町でした。
今、一緒に暮らしてる大家さんがムスリム(イスラム教徒)な事もあって、
ムスリムとクリスチャンが半々の町に住んでいる私としては、
ちょっとムスリムびいきなとこもあり・・・。

でも、この町にはイスラム教徒の町なくせして、
ビールがあります!!

ハラルビールっていって、自分の住んでるとこから遠い事もあって
ハラルビールの生は初体験。
もちろんイスラム教徒用のノンアルコールな黒ビール『ソッフィ』もあります。
でーその黒ビールとのハーフ&ハーフな生ビール『カイ ドラフト』がまった・・・
最高でしたね☆ いいんでしょうか!?イスラムな町でこんなん・・・。

結局、明るいうちから飲んで潰れて・・・
夜のハイエナマンショーは・・・・・・見逃しました・・・アホか・・!?
[PR]
by minminmix | 2007-02-12 15:21 | Travel@旅行話

インド料理につつまれて

a0062335_2185281.jpga0062335_2111214.jpg








ナザレットには外人が沢山います。いったい何人いるんでしょうってくらいいます。
僕の任地には、2人ドイツ人・3人中国人・4人インド人。
そして今月から先輩隊員も帰られ、日本人は私1人。


・・・めっちゃアウェーです。


今回、ナザレット同期自動車隊員のケージくんの友達のインド人宅へ
お食事会に行くことになりました。
ただで際、カレーに飢えてる私なのに、それに加えてインド人。
はぁ~文句ありません!!

この人がまたいい人たちでした。
インド人・ドイツ人・エチオピア人・韓国人・日本人。
っと5カ国集まって、ちょっとインターナショナルじゃない!?
でも話す内容は、どこのメシが美味いとか、どこの地方の女性は美人が多いとか・・・
どの国でも結局話す事なんて同じですな^^

まぁーとにかくインド料理は美味しかったということです。
[PR]
by minminmix | 2007-02-09 17:21 | Travel@旅行話

エチオピアNo.1のリゾート地ソドレへ

a0062335_7122382.jpg







北の旅行から帰ってきた私は、南の町ナザレットへ向かいました。
首都から2時間ほどいった同期自動車整備隊員ケージくんの町へ遊びに行きます。
この町、以前も載せたことがあるけど前評判は最悪の町・・・。
でもフタを開けてみると何のことはない、素敵な町です!素敵なところです!

そしてこの町の見どころの1つ。
近くにあるエチオピア最大にして唯一!?のリゾート地があります。
温泉を利用したただのプールなんですが・・・。
例えばそれは、うちの町で言えば、
「オレ、この前の休みにソドレ行って来たんだぜぇ~!!」
なんてちょっとした自慢をするような、そんなこの国でいえば素敵な所。
まーそんな所がたった10ブル(120円くらい)なんですけどね。

釣りスポットなんかもあったり、
水着ギャルなんかもいたり、
ケージくんのお手製おにぎりを食べて、
久しぶりの温泉保養地気分を味わいました。
[PR]
by minminmix | 2007-02-08 23:21 | Travel@旅行話

世界遺産:アクスム

a0062335_12765.jpga0062335_123988.jpga0062335_154965.jpg













エチオピア最北部の世界遺産アクスムへ。
アルカイダのメンバーやソマリの残党らが、エリトリアに逃げたとかで
国境線は戦車や装甲車が、道を等間隔に走ってたりなんかして、ちょっと緊迫体勢。

このアクスムって町は、紀元前にシバの女王が治めていたアクスム王国があり、
ローマ帝国やビサンチン帝国と並ぶ紅海沿岸一の貿易国として栄えていたらしい。
ホントかよ、こんなとこで!?って正直思ってしまいますが・・・。そうらしい。

でーそのシバの女王の子供が、イスラエルへ行った際、
モーゼの十戒の石版が納められたアーク(ようするに箱)を持ち帰ってきたとされている。
そして、そのアークが安置してあるという教会が、ここアクスムにある。
まー実際に中は見れないのですが・・・保存されていると・・言われています。
ホントかよ、こんなとこに!?って正直思ってしまいますが・・・。そうらしい。

まぁーなにはともあれ、アクスムの町は歴史的な見どころだらけ、
1枚岩で作られた石碑のオベリスクが立ち並び、
シバの女王の神殿跡や浴槽跡、
崖の上に建つ修道院があったり、
十字軍の残党!?テンプル騎士団が残していった地下墳墓とか、
とにかく歴史を感じる素敵な町でした。

でも1番楽しいのは、歴史的背景でも建造物でもなくって、
その行く土地行く土地で出会う人々との交流!!
気さくに石版の説明をしてくれた、ちょっとカッコイイおっちゃんや、
ラクダに荷物を載せるのに、暴れられて悪戦苦闘してたニイちゃんや、
わずか1ブル(12円)でアメジストの原石を売りつけてくる子供たち、
そんな人たちとの、ちょっと覚えたティグレ語でのやりとりが
なにより楽しい旅でした。
アクスム ツボッ!!  アディスアベバ ヘマクッ!!
[PR]
by minminmix | 2007-02-03 00:21 | Travel@旅行話