天国へつづくジェンガ

a0062335_16193381.jpg途上国というのは、『 死 』という言葉がすごく身近。

隣の学校の先生が、エイズで死んだり。
教会にゴロゴロ死体が転がってたり。
多くの生徒が、死んだ家族の写真を持ち歩いてたり。

この前の旅でも、
同じ朝に、先に出たバスが崖の谷底に落ちた。
人もまだ中に入ったままの、
グチャグチャになった事故直後のバスが、
自分のバスの中からチラっと見えた。
そのバスに乗ってたら、自分もグチャグチャだったわけで。
そんな事がしょっちゅうあるのだ。

命のジェンガを抜く間隔が、この国は間違えなく早い。
命は大事にしたいもんだ。
[PR]
by minminmix | 2006-06-18 16:45 | Life@生活話


<< 生徒を泣かせちゃいけませんか? 世界遺産:ラリベラ >>