羊たちの沈黙

2ヶ月いたホテルからも引越し、
今、学校にも歩いていける素晴らしい家に住んでいる。
大家さんと一緒に暮らしている。
大家一族はいまだに、何名いるのか把握できない…。
そして、うちには無数の家畜がいる。
羊や山羊や鶏、時にはロバ。

大家さんはイスラム教徒。
エチオピアクリスチャンは今、2ヶ月の断食に入っている。
そんな訳で、町の肉屋は軒並み休店している。
食堂をやっている大家さんは、肉を家で捌く。

ある日、学校帰りに羊を連れた大家さんと遭遇。
羊飼いのまねとかして、一緒に家まで帰った。

残ったキャベツなんかあげたりして、可愛がってたら…。
ちょっと部屋いって、戻ってたら…
必殺仕事人モハメッドの手により、全部殺されていた。
そして写真が捌いた羊たち。

a0062335_22314391.jpgちなみに、右下に写ってるのが便器。
よーするにここトイレ。
羊を殺す時に、まず血抜きをするんだけど。
羊の頭を便器に突っ込んで、
そこで首を切って血抜きします。
ブァーーって血が飛ぶんだけど…
一番初めに見たとき思ったのは、
それって汚くない?!っでした。
大家さんから差し入れしてくれたら、
知らぬが仏で、美味い美味いって食べてたけど。
エチオピアで衛生なんていったらなんもできないんで
もうあんまり気にならないけど。

自分のブログも同じく沈黙していました。
家の電話線が色々あって切れてしまい…復旧の目途なし。
なので久しぶりに、電話を借りてお送りしています。
[PR]
by minminmix | 2006-04-08 22:33 | Life@生活話


<< 戦車 戦国時代の戦の弓ように >>