なんにもできない

初めてパソコンを使う生徒たちの授業を見ている。
コンピュータの立ち上げ方から、マウスの持ち方‥
おっかなびっくり感が、非常に愛らしい感じ。
でー何故か最初に教えるのが、DOSコマンド…。
(なんか時代と逆行してるような気もするが)
MDコマンドで、自分の名前のフォルダとか作らせると
うわぁ~っなんっつって喜ぶ。
その各自のフォルダの中に、『football』とか『game』なんてフォルダ作らせた日には、
『センキュー ティーチャ!!』なんて言って、目輝かせて喜ぶ。
…おっ おい、フォルダだけよ。。。

しかし、そんな授業もここ2週間は午前中の短い時間でしかできない。
2週間前から続いているトラブルが今週になっても終わらない。
今日のは、生徒の人数も多かったのもあって、久しぶりに凄かった。

もの凄い勢いの走る音と共に、指笛をならすのが聞こえてくる。
そうすると、教室の生徒たちもにわかにザワついてくる。
チラッと窓から校舎の廊下をみると、
生徒たちが、もの凄い勢い学校の外へ走り出て行くのが見える。
『パンッ』という銃声のような音が聞こえて、
それが合図かの様に、教室の生徒も走り出す。
2000人の生徒がクモの子をちらす。
そうなったら、もう止めれない…。

音しか聞いてないけど、威嚇射撃があったらしい。
今日は同じ町の他の高校でも、大きな衝突があったみたい。
町でお茶をしてても、その話しで持ちっきりだった。
行きつけのカフェでも、お前のとこの学校、問題あったらしいなぁ。
何なんだ理由は??って聞かれる。って、こっちが聞きたいよ!

この騒動の理由は??って生徒にも先生にも聞いても。
いや、よく分からないって答える。

a0062335_5234328.jpg先生たちも、みんな落ち込んでいた。
立ち上げっ放しのパソコンを落としながら、先生に
『どうすればいい?』っと言われた。
帰りに生徒と会った。
『良くないね~こんなのは』って話ししてたら、
『じゃーどうすればいい?』っと言われた。

なんもできねぇ~。
(なんか協力隊っぽくなってきたな…)

※写真は学校自慢のサテライト教室。
 真面目な生徒が3人だけ残って授業をしていた。
 ……ご自慢のサテライトが泣いてるよ。
[PR]
by minminmix | 2006-03-21 05:28 | Life@生活話


<< 戦国時代の戦の弓ように 町を彷徨う協力隊員 >>